三台の車

久し振りの首位奪還アクアとプリウス

2014年2月の新車販売台数は5ヶ月ぶりにトヨタ「アクア」が首位を奪還しました。2位は同じくトヨタ「プリウス」ということで、久し振りのワンツーフィニッシュとなりました。といっても首位を明け渡したホンダ「フィット」がリコール騒ぎで販売を一時停止した影響ということで、言ってみれば相手が自滅しただけですからトヨタとしてはぬか喜びにならないように気を引き締めているでしょう。リコール騒ぎが一段落すればまたフィットが首位をとるかもしれないし、ヴェゼルも間違いなくトップテンには入ってきそうですね。あとは、マツダの新型アクセラもトップテンに入ってきそうな勢いがありそうです。
しかし、長い間「アクア」「プリウス」のツートップが続いていたので、なんとなくトヨタ以外のメーカーがトップをとると気持ちいいと思ってしまいます。ところでプリウスもアクアってどちらもハイブリッド専用車なのですが、買っている人はどういうつもりで買っているのでしょうか?フィットやヴェゼルは普通のガソリンエンジンモデルもありますから、ハイブリッド車とガソリンエンジン車との価格差を考えて、車を売るまでの間にどのくらいの走行距離になって、その場合のガソリン代とかをもとに計算してどちらがお得かを考えると思います。そう考えると、アクアもプリウスも比較対象がありませんから、確かにガソリン代は浮くかもしれませんが、ひょっとしたら同じクラスの他車のほうがトータルで安いかもしれないということを考えたりしているのでしょうか?


TOP

Copyright © 2017 車を購入する時に大切な事は自分の好きな車を選ぶこと All Rights Reserved.